MENU

モットンの高反発マットレスが話題になっています。

 

私も腰が弱くヘルニアに近いものがあるのでここぞとばかりにモットンを
購入しました。

 

私がモットンを買うときに参考にした先輩モットン利用者の口コミを
まとめて紹介するブログを作りました。

 

モットンを買おうとしている方は腰への悩みを抱えている方が多いですが
あまりまわりでモットンを使っている人がいないと不安になってしまいますよね。

 

このブログではモットン利用者の口コミを随時紹介していきますので
ご参考ください!

 

 

私はこれまで夫とセミダブルのベッドで寝ていましたが
赤ちゃんが生まれてからは腰痛対策でモットンを購入して寝ることにしました。

 

詳しくは

 

モットンのサイト
http://www.fureaihiroba.net/
で多くの口コミが掲載されているので参考にさせていただきました。

 

 

それまでの生活はこのような形です。

 

 

とにかく腰が痛くて起き上がるのさえ辛かったのですが、初めての育児に追われていたし
出産の影響だと思っていたのでそのうち治るだろうと軽く考えていました。

 

しかし、2ヶ月が経っても良くなる兆しがなく日増しに痛みが強くなっていました。体全体がつらかったのですが特に腰が辛く
オムツ替えでしゃがみ込むのに痛み、立ち上がる時も悲鳴が出るほど。住まいがアパートの三階なので階段の昇り降りの時にも、痛みを堪え、時にはガクンと力が抜けてしまい非常に危険な状態になってしまいました。

 

これではまずい、と考えを改めて原因を探したところ、2点ほど見つかりました。

 

@床に布団を直に敷いている

 

A授乳の姿勢が悪い

 

授乳が頻回にあったので、ほとんど熟睡することもありませんからさほど寝心地については気にしておらず、かさばるのを嫌ってマットレスも持っていませんでした。

 

しかも夏に向けて暑くなっていたのも重なって、床に直に敷くことに抵抗はありませんでした。しかし、眼が覚める度に身体のあちこちが痛かったので、むしろ眠らない方がいいとまで感じるようになっていました。

 

授乳する際はあぐらをかいて赤ちゃんと脚の間にタオルを挟み抱いていました。最初こそなんとかなったものの、徐々に前かがみになり体重が脚にのしかかっていたので、そのうち授乳を終えると膝が伸ばせない程になっていたのです。

 

この2つを解消する方法を探したところ、和式から洋式に生活を切り替えることが見つかりました。
そこでソファーは安物を買って腰痛に効果のあるというモットンを購入することにしたのです。

 

困った時のニトリ、ということで店舗に見に行ったところ、多機能ソファベッドが目にとまりました。
色は落ち着いたグレーと濃い茶色で形もシンプル。座ってみると硬さも好みのちょっと硬めなので、第一印象で気に入りました。よく見てみると足元に収納があり、開閉の動きも滑らかです。赤ちゃんがいて、物が増え始めたので助かるオプションだと感じました。

 

さらに、ソファ自体が一部分離して使えるとのこと。カウチにしたり対面で座ったりと活用出来そうです。

 

また、本体の中央部、ちょうど2人掛けの真ん中あたりの背もたれが前面に倒れ、簡易的なテーブルになるとのこと。名前の通り、なんとも多機能なソファベッドです。

 

早速購入し使用した感想としては、どの機能も便利だということです。カウチになる分離部はオムツ替えの時に座る、洗濯物をちょっと置く、もちろんカウチとして使うなど様々に活躍しています。眠る時は本体に繋いで広々眠れます。

 

足元の収納もしっかり容量があり、ソファでちょっとうたた寝する際のタオルケットも畳んで収納出来てかさばりません。

 

簡易テーブルは、授乳の際にガーゼや哺乳瓶を置いたり、友人が遊びに来てくれた時にも大活躍です。

 

価格も手頃で、長く使えそうなのでいい買い物をしたと思っています。

 

残念ながらモットンは通販限定のようでニトリにはおいていなかったのですが店員さんもたまたまモットンを利用していたようで
他社の製品だというのに親切にいろいろ教えてくれました。

 

いまではモットンのおかげでとても有意義に生活が出来ています。